収入証明書が不要でキャッシングできるカードローンについてです。

大手消費者金融であれば収入証明は一定金額までは不要!

 

キャッシングの申込に必要な書類は本人確認書類だけと思っている方は多いのではないでしょうか?
確かに業者によってはホームページなどで堂々と「本人確認書だけでOK」と記載しているところもありますので、そのように思う方がいるのも無理はありません。
しかしよく確認すると小さな表記で「申込金額によっては収入証明書が必要」と記載されていることが殆どです。
意外と見落としがちな事ですが、キャッシングでは本人確認書だけでなく収入証明書が必要となる場合があります。

 

ではどんな場合に収入証明書が必要となるのでしょうか?
それは1社からの借入金額が50万円以上となる場合もしくは他社借入と併せて申込金額が100万円以上となる場合です。
逆にこれに引っかからない場合は基本的に所得証明書は原則不要となります。
後記の他社借入と合わせてというのは、例えばA社から70万円を既に借入しており新たにB社から30万円の借入申込をする場合等です。
合わせて100万円以上と成るため収入証明書の提出が必要となります。

 

 

収入証明書は給与明細書や源泉徴収票、確定申告書となります。
勤務する会社によってはこれらの証明書を取得するのに時間がかかるという方や用意が面倒だと感じる方も多いことかと思います。
その場合は上述した条件に当てはまらない範囲内で借入申込をすると良いでしょう。
但し条件に当てはまらなくても所得証明書の提出を求められる場合もあります。
例えば自営業者は基本的に申込金額にかかわらず提出しなければいけないとするところが多いです。
これは会社勤めの方よりも収入が安定しにくいと見られているからのようです。

 

 

また銀行から借り入れする場合は消費者金融とは提出条件が異なります。
消費者金融の場合はどの業者でも提出条件は統一されていますが、銀行はそれぞれ独自に金額を決めることが出来ます。
多くの銀行では申込金額が300万円を超える場合に収入証明書の提出が必要としているようです。
逆に300万円以下なら収入証明書はいらないということになります。
但し専業主婦の場合は申込金額にかかわらず配偶者の収入証明書を提出しなければいけませんのでご注意ください。

 

基本的に収入証明書なしで申し込みが可能としているところが多いです。
しかし場合によっては提出を求められることもありますので、念のため用意しておくほうが無難かもしれませんね。