カードローンでキャッシングの限度額は初回はいくらなのかについてです。

契約初回のほうは、せいぜい10〜15万円が限度額!

 

カードローンでキャッシングする際、初回の利用限度額は審査によって決定されます。
各金融業者で限度額を提示していますが、初回から満額借りれることはまずありません。
業者で提示している限度額というのは、あくまでも業者で出せる最大の額であり実際に利用できる限度額とは限らないのです。
出来ることなら自分の希望するお金を借りる事が出来れば良いのですが、中々そうも行かないようです。
カードローンでキャッシングするときの融資限度額はいくらになるのでしょうか?

 

カードローンの初回限度額は業者によってまちまちですが、基本的には利用者の返済能力に応じて決定されます。
人によって初回の限度額は異なり、初回から100万円借りれる方もいれば10万円までしか借りれないという方も沢山いらっしゃいます。
始めは様子見のため少額設定される所が多いと思った良いでしょう。
書面上の審査だけでは利用者が本当に信用できる人間かは判断しかねますので仕方ありません。
額にして10万円から20万円が妥当といえるでしょう。
大手消費者金融やメガバンクなら高額貸付してくれるだとうと思うところですが、実際はそのような事はありません。
むしろ大手のほうがシビアな傾向にあり高額の借入は期待できません。

 

 

では始めに設定された上限金額で我慢するしか無いのでしょうか?
実は初回限度額はその後の利用実績に応じて増額することが可能です。
契約後直ぐに借入枠を増やすことは出来ませんが、大体半年以上の利用を続けていると業者側から増額の案内が来ることがあります。
案内が来なくても増額申し込みは可能ですが、基本的には案内が来ないと増額は難しいと思ってよいでしょう。
というのも金融業者は定期的に利用限度額の見直しを行なっています。
増額するにも契約時と同様に審査があり、それに通過しないことには利用限度額を上げてもらうことは出来ません。

 

増額審査では返済実績と信用情報が主に重要視されます。
半年以上利用し続けなおかつ一度も遅れずに返済をしていることが必須条件となります。
カードローンは信用を担保に利用することが出来ます。
通常のローンであれば不動産を担保にしたり、連帯保証人を付けて借入れを行ないますがカードローンはそのどちらも不要です。
貸金業者からすれば多大なリスクを背負っていると言え、だからこそ利用者の信用力というのは重要になってきます。
毎回返済期日を守らない人を信用できるとは言えませんよね。
ですから増額しても問題ないと信用できる1つの目安となるのが返済実績なのです。
因みに返済期日前に払ったり多めに支払ったからといって評価が上がるようなことは決してありません。
あくまでも期日に遅れずに返済できているかどうかだけをチェックしています。

 

 

次に信用情報ですが、これは新規契約時と同様です。
ローンやクレカなど他の業者から借入れを行っている場合、問題のある行為をしていないかをチェックしています。
返済遅延などがあれば当然増額は不可となりますので十分に気を付けましょう。
また他社からの借入総額と今回増額申込みする業者の借入額を合計して総量規制に引っかからないかも確認しましょう。
もし総量規制を超える借入になる場合は総額申し込みしても審査に通ることはありません。